トップページ > 担当者ブログ > 雪が積もりました!冬タイヤに交換です!


担当者ブログ 「えにわで暮らそう!」担当者が気ままに綴るブログです!


2018/11/21ニュース

雪が積もりました!冬タイヤに交換です!

ついに、降りました!そして積もりました!雪!!
こんにちは。担当Yです。

1121yuki.JPG

例年よりもかなり遅い初雪なので、
「まだ降らないのかなぁ」とそわそわしていたところです。

 

さて、道路にも雪が積もり、冬道となりました。
準備しておかなければならないものが「スタッドレスタイヤ」です。
(今年の初雪は遅かったので、まだ準備していない方はほとんどいないでしょう!)

 

雪が積もりやすい山間部を走行する方や早めに備える派の方は10月頃からタイヤ交換しますが、
天気予報の週間予報に雪マークが現れると、慌てて準備!という方も多いと思います。

 

タイヤ交換はガソリンスタンドやタイヤ販売店、ディーラーで行っています。
(※行っていない店舗もあるので要確認です)

ジャッキなどを使い、自力で交換することも可能です。
非力な私でもギリギリ16インチのタイヤを持ち運ぶことができるので、
女性でも自分でタイヤ交換してます!という方もいます。
小型車だと15インチが多いようなので、案外扱いにくい重量ではないのです。

ですが、空気圧やバランスなど、いろいろ点検できたほうが良いので、
車に詳しくない方はお店の人に頼ることをお勧めします。

ただ、雪予報から慌てる派の方は同じ時期に集中して予約するため、
お店はかなり混雑します。
3時間待ちなんて当たり前!なので、早めに備えておきたいところです。

 

北海道では常識のアイテム「スタッドレスタイヤ」ですが、
そもそも、スタッドレスタイヤってなんだろう…?という方もいるでしょう。

 

スタッドレスタイヤは溝が深く、多く、地面への接地面が大きくなるように柔らかい、
雪や氷の上でも滑りにくく設計されたタイヤです。

スパイクタイヤとは違うので注意してください。
スパイクタイヤはアスファルトを削ってしまうため、北海道では禁止されています。

 

これがノーマルタイヤ(夏タイヤと呼んでいます)

1121natsu.JPG

ちょっとつるんとした表面です。

 

こっちがスタッドレスタイヤ(冬タイヤ)
1121huyu1.JPG
溝が多くてごつごつした印象です。「STUDLESS」と表記されていますね!

1121huyu2.JPG

 

 

スタッドレスタイヤは熱には弱いため、夏場の走行には向かないようです。
横着して1年中スタッドレスタイヤを装着しては良くないってことですね。

ちょっとめんどくさいなぁと思うかもしれませんが、衣替えのひとつです。
良く言えばタイヤ交換は季節の風物詩です!

 

タイヤにはいくつかメーカーがあり、それぞれのメーカーで
「氷を掴む力に特化している」「横滑りに強い」「摩耗が少ない」など特徴があります。
どれが一番安全とは一概に言えないので、値段との兼ね合いを考えて購入します。

 

ちなみに、交換して外したオフシーズンのタイヤは保管しておく必要があります。

住宅に屋外物置があればそちらに保管すると良いでしょう。
ベランダに置いている方もいますが、非常時の避難経路を塞がないよう気を付けなければなりません。
タイヤ販売店などで保管するサービスを行っているところもあるようです。

 

タイヤの購入から交換、保管まで一式請け負っているお店もあるので、
早めに予約さえしてしまえば安心です。冬道も恐れずドライブだって楽しめます!

 

ただ、どんなにタイヤが優れていても、天候や走り方によっては危険はいっぱいなので、
「十分な車間距離」と「スピードを出しすぎないこと」、そして「譲り合う心」で安全運転を心がけましょう!



お問い合わせ窓口0123-33-3131までお電話下さい。
メールでのお問い合わせ

恵庭市企画振興部 まちづくり推進課受付時間:平日8:45~17:15
〒061-1498 北海道恵庭市京町1番地代表電話番号:0123-33-3131



このページの先頭へ