トップページ > えにわを語る:住民インタビュー > 地域の子育てに寄り添ったまち!


住民インタビュー


地域の子育てに寄り添ったまち!

西島松 深谷様

地域の子育てに寄り添ったまち!


今回はご主人の転勤を機に福岡から移住されて、初めての冬を迎える深谷様です。
それまで北海道に来たこともなかったという奥様にお話を伺いました。
かわいいお子さんもインタビューに(?)興味を持ってくれました。

CIMG6903.JPG

 

Q.ご主人の転勤で恵庭に移住されたとのことですが、恵庭のことは以前からご存知でしたか?

A.恵庭市西島松に転勤と聞いて、初めて知りました。主人は3,4回北海道に来たことがありましたが、私は初の北海道でした。

 

Q.不安はありませんでしたか?

A.ずっと福岡で生まれ育ちましたが、他の地域のイベントや食べ物を楽しみたかったので、
北海道への転勤と聞いて、楽しみでした。

 

Q.恵庭に来てみて、印象はどうでしたか?

A.まず、3月末に来て、雪が積み上がっていたのはびっくりしました。
4月でも吹雪の日がありましたね。近所の方のお話では、恵庭は雪が少ないと聞いて。
どこが少ないんだろうと(笑)。
福岡は年に1,2回、それも5cmも積もらないですからね。
本格的な雪はまだ体験していないので怖いですね。氷柱ができているところや、
車を運転していて動けなくなってしまうことが怖いです。

 

Q.雪国暮らしの人も氷柱の下には近寄らないようにしています。遠くから見ていたら
怖くはないですよ。道路で立ち往生するほどの雪も数年に一度程度※なので、
そんなに心配しなくても大丈夫です。
※主要な道路はすぐに除雪が入るので、市内で立ち往生することはほとんどありません

A.その他に、空気がきれいとも感じました。福岡は中国からのPM2.5の影響もありましたが、
こちらは空気が澄んでいますね。お花や山もあってきれいです。
子育てするのに環境がいいと思います。それと、魚がおいしくて安いのも嬉しいですね。

 

Q.環境が良いと言っていただけて嬉しいです。空気がきれいというのは、
見えるものではないので住んでいると当たり前に感じていました。
恵庭市内でお気に入りの場所等などはありますか?

A.いろいろな公園に行きました。夏はお友達と道の駅にある小川のところで水遊びもしました。
子育て支援センターにもたくさん行きました。特に島松公民館の子育て支援センターしままつは、
先生たちがとても優しくてお気に入りです。地域の子育てに寄り添ったイベントも多いと思います。
ママのためのヨガ教室などがありましたね。託児付きなのが嬉しいです。

IMG_6823.jpg


Q.お子さんがいても気軽に出かけられるのは良いですね。
逆に、ちょっと困ったこととか、不便を感じたことはありますか?

A.0歳児の預かり保育がなかったことは、自分が病院に行くとき等も必ず子どもを連れて行かなければならなかったので、大変だなと思いました。料金が安いのは助かりますが、もうちょっと高くても、
保育対象の幅が広いといいな、と思っていました。
それと…防寒の準備をどうしたらいいのかわからないです。ストーブも最初は電気ストーブだけ
だったので寒かったです。子どもの防寒も、北海道では当たり前のようにスキーウェアを準備
するようですが、どんなものを買えばいいのか、わからなかったです。
雪よけ足カバーも最初は使い方がわからず、子どもが幼稚園で直されて帰ってきました(笑)

 

Q.寒さ対策は体感してみないと、よくわからないですよね。
そして、スキーウェアや足カバー等が移住者の方にとっては得体の知れないものということは、
思いもよらなかったです。私たちは幼少の頃から馴染んでいましたからね。
もっと「冬はこんな服装で過しています」という情報発信をしていかなければならないですね。
慣れない雪と寒さに直面してみて、これから恵庭に移住される方にアドバイスはありますか?

A.暖房を点けるとすごく乾燥するので、加湿が必須だと思います。
空気がきれいなはずなのに、子どもたちが咳をしたり、皮膚がかゆくなったりしていて、なんでだろう…と思っていました。加湿に気をつけたら、症状は治まりました。
ただ、お友達のお家は湿度が高いようで、住戸タイプによって湿気が多いこともあるようですね。
あとは…冬道の運転は慣れていないとアスファルトとブラックアイスバーンの区別がつかないので、
制限速度でゆっくり走ることですね。

 

Q.毎年のことなので、気にしていませんでしたが、たしかに冬は寝ている間に風邪を
ひきやすいです…。暖房と同時に加湿器の準備も必要ですね。
制限速度で安全運転は、冬道に慣れた恵庭市民も心がけなくてはならないことです!
北海道暮らしが長くても、初心に戻って気をつけたいことばかりです。
 

CIMG6905.JPG

9月に開催された移住者交流会にも参加してくださった深谷さん。

恵庭に移住を検討している方の役に立てれば…!とインタビューを快諾してくださいました。
地域のイベントへも積極的に参加されているようで、交流会にもまた参加したいと言っていただき、
恵庭の暮らしを全力で楽しんでいる姿が印象的でした。

インタビュー中はかわいいお子さんがたくさん遊んでくれたので、
終始幸せな時間を過させていただきました。

移住者ならではの視点のお話は私たちにとっても勉強になりました。本当にありがとうございました。
(インタビュー日:2017年12月)



お問い合わせ窓口0123-33-3131までお電話下さい。
メールでのお問い合わせ

恵庭市企画振興部 まちづくり推進課受付時間:平日8:45~17:15
〒061-1498 北海道恵庭市京町1番地代表電話番号:0123-33-3131


えにわを語る

  • 住民インタビュー


新着インタビュー

  1. 恵み野地区 廣瀬様ご夫妻
    ちょうどいい規模感!
  2. 西島松 深谷様
    地域の子育てに寄り添ったまち!
  3. 恵み野地区 N様ご夫妻
    歩きたくなる街

このページの先頭へ